ノンコミットメント型ライツ・オファリング
実施企業
・Jトラスト
旧サラ金屋イッコーのFACTA銘柄・ライツ後にいきなりクソ決算) 976億円
・タカラレーベン

(新興不動産株) 47億円
・フォンツ・ホールディングス 
(1年に2度のライツ実施・大株主の杉本満さんは相場操縦で逮捕・こんど社名をレッド・プラネット・ジャパン変更するついでに発行可能株式総数も3倍にする予定) 6.9億円+22億円
・T&Cホールディングス 
(クソ株) 3.3億円
・レカム
(クソ株) 2.6億円
・メガネスーパー
(低位ボロ株) 10億円
・日本エスコン
(低位ボロ株) 35億円
・ガイアックス
(名古屋セントレックス) 14億円
・シスウェーブホールディングス
(クソ株) 17億円
・クレアホールディングス
(クソ株・株券印刷と社名変更と株式併合無限サイクル) 7.3億円
・ドリームバイザー・ホールディングス 2.2億円
(社名に夢・新株予約権は非上場

コミットメント型ライツ・オファリング実施企業 
エー・ディー・ワークス
(クソ株) 5億円
アイ・アールジャパン
(IRのコンサルしてるよくわからない会社) 9.4億円

NEW!
・SEホールディングス&インキュベーションズ
(やたら社名が長くて子会社に翔泳社がいるクソ株) 8.8億円 ノンコミットメント型



NEW!
・日医工
(むかしゾロ薬いま日本最大のジェネリックメーカー・3週間前に下方修正) 130億円 コミットメント型