このIRがすごい!上場企業2011

関西電力「総額190億円の自社株買いは0株で終了しました」

東京電力の福島第1原発事故の影響で電力セクターが総崩れとなっていた2011年春。東電の損害賠償を巡り電力各社がその費用を負担する構想が浮上しておりました。
4月27日、関西電力は唐突に上限1100万株・総額190億円の自社株買いを発表します。
「ウチと似たような仕事してる所で人を騙す悪い業者がいるんですわ。でもウチはこんなに株主の方に目を向けてまっせ。みんな何が正しいかちゃんと見抜きましょうや
そんな関西弁が聞こえてくるようでした。

「東電に渡す金があるなら関電の株主に還元するということだな!東電には1円たりとも払わないっていう意思表示を感じる!株価が下落してる時に資金を突っ込める経営陣は賞賛に値する!電力セクターは関電の一点買いだな!」
ここにサクラが混じっていたかどうかは不明ですが
投資家たちは惚れてまうやろ!と熱狂しました。
がしかし、自社株買いの期待感から少し株価が持ち直した後に待っていたのは、
たびたび発表される自社株買いの取得状況、0株(5月)、「0株(6月)、0株(7月)、0株(8月)。
まさかの1株すら買い支えないという放置プレイ・・・。
ついに純情な投資家ちゃんは気付きました。関電くんてディフェンシブな顔してその場だけの盛り上がりだけであんなこと言っちゃうんだ、と。
わたしずっと信じて売らずに待っていたのにあの言葉はやるやる詐欺だったのね、と。
2012年1月31日、勘違いする方が悪いんやで!とばかりに関西電力は「自己株式取得の中止とこれまでに買付けた自己株式数0株・買付総額0円」を発表。

関西電力(9503)の自社株買いに「東京電力には1円も払わへんで!」という強い意思を感じる件

関西電力より取得株0のままで自社株買い中止のお知らせ

グリムス「グリムスプレミアムウォーターを利用中の株主に、株主優待として新規1名紹介につき商品券5000円を貰う権利をやろう」

株式投資を行う上で嬉しい特典の一つが株主優待ではないでしょうか。
上場企業は安定株主を増やすために様々な工夫をこらした株主優待を実施します。
株主と企業のWin-Winな関係。
グリムスもそんな素敵な関係を築くために新たな株主優待を発表。
「新たにグリムスプレミアムな水を申込んだ株主には、①10,000円分の商品券をプレゼント②グリムスプレミアムウォーター3ヶ月間無料(4パック:17,600 円相当)のいずれか一方。
一見、これは無条件に10,000円分の商品券を貰えるのかと勘違いしそうですが、グリムスのプレミアムな水を申し込む必要があるので注意が必要です。優待の権利だけを狙い短期で手放す株主が多い昨今、これからグリムスを買う株主にはこんなツンデレな優待も仕方ないかもしれません。
しかしこれだけでは終わらないのがグリムスです。
すでにグリムスのプレミアムな水をご利用中の株主のために更なる特典を用意してくれました。

「新規ご契約者1名ご紹介につき商品券5,000円を株主様と新規契約者様にプレゼント。」
お気付きでしょうか?株主優待の歴史が新たな段階に入りました。
株主優待に「営業権」という新ジャンルがうまれた瞬間です。

「グリムスってユビキタスエナジーかよw
「何時の間にミネラルウォーターなんかに手を出してんだよw

「株主使ってねずみ講っぽいこと始めるのかよw」
「新規株主と既存株主の扱い方のバランス、何かおかしくないかこれ?w」

と、
投資家も斬新な株主優待に驚かされました。
株主を営業マンに変身させる斬新な企業、グリムス。

グリムス「グリムスプレミアムウォーターを利用中の株主に、株主優待として新規1名紹介につき商品券5000円を貰う権利をやろう」

ISホールディングス「ひまわりHD株の保有目的→救済の為」

東日本大震災による株価下落で顧客が損失を蒙り多額の立替金を負担することになったひまわりHD。
その結果、社員の9割がクビという事態に。
Twitterで人気だったひまわり証券市場チームも全員退職が決定。
Twitterのアカウント削除直前には
「1時間ほど前に発表された本邦貿易収支は1兆4750億円の赤字、過去最大の赤字幅を更新!!まるでひまわり証券みたい。うはwww」
「うちの株って空売りできましたっけ??www 」
とヤケクソ気味な自虐ネタを披露して話題となりました。
社員まで思わず空売りしたくなるような瀕死のひまわりHDの増資に応じたのがISホールディングスですが、提出された大量保有報告書の保有目的には「救済の為」の四文字が。
こんな保有目的はなかなか見れるものではありません。
事実そうなんだろうけどそこまで露骨に書くことないのに、と思うかもしれません。
でも増資を引き受けた
ISホールディングスの心中も察する必要があります。
ISホールディングスから投資家への隠れメッセージという可能性もあります。
とにかくISホールディングスのためにも頑張れひまわりHD。
できれば種からやりなおせ。
そういえばひまわりって放射能を吸収するけど除去はできないらしいですね。
なぜかひまわりHDのことが少し心配になりました。

ひまわり証券金融市場チームがtwitter上で全員退職とアカウント削除を発表、と同時にヤケクソ気味な自虐ネタを開始

ISホールディングスの大量保有報告書「ひまわりHD株の保有目的→救済の為」


石垣食品「会社設立55周年記念の株主優待実施」

時価総額3億円未満で上場廃止基準に抵触すると警告された石垣食品。
株価89円以上キープが最低条件となる状況でとった秘策が、会社設立55周年記念優待の実施。
節目としては些か中途半端ですが、
切実な株価対策ではなく記念と言い張る石垣食品のプライドに惚れ惚れしちゃいます。
投資家からは、「これに食いつくヤツは相当の優待乞食だろ。」「最高純益がたったの7400万でここ5年ほどはそれを遥かに超える額の赤字を垂れ流してるね。」「こんな会社の優待に釣られて買うのはまずありえない。」との叱咤激励の声が続々とあがりました。
普段から手厚く優待しとけばこんな事にならかったのかもしれません。
来期も56周年記念とか言い出しそうで楽しみです。


時価総額3億円未満で上場廃止になる石垣食品が「会社設立55周年記念の株主優待実施」を発表


コスモス薬品「株主優待制度を廃止しましたが株主数が減ったので再開します」

「平成22年4月に株主優待制度を廃止いたしましたが、その後の株価上昇に伴い急激に株主数が減少いたしました。つきましては、株主優待制度の再開を決定いたしました。」
すごい上から目線です。
唐突なタイミングに大口の売り逃げのための株主優待再開疑惑かとの指摘も。
①コスモス薬品の創業者一族が3506円で500,000株の公募売り出し(+オーバーアロットメント75,000株)を発表引受人はSMBC日興証券
②受渡期日が1月31日なので、
公募売り出しが完了した株が株式市場に流出してくる可能性が高い
③株式市場で警戒される可能性が高い
④需給により株価が下落する可能性が高い
⑤誰かに買ってもらう必要性が出てくる
⑥廃止した株主優待制度をタイミングよく再開(←株価上昇に伴い急激に株主数が減少したからという理由なので他意はない)
都合のいい女扱いで優待を再開すればみんな株主になると思っていたようですが、実際にコスモス薬品の思惑どおり株価は堅調に推移。
ガーデニングにはひまわりよりコスモスの方が良さそうです。

コスモス薬品「株主優待制度を廃止しましたが株主数が減ったので再開します」


クラウドゲート(旧 テラネッツ)「上場後一度も正しい財務諸表を開示しておらず、2期連続債務超過で上場廃止基準に抵触していました」

「当社は本件発覚まで上場後一度も正しい財務諸表を開示しておらず、加えて、平成20年12月期及び平成21年12月期は2期連続債務超過であって株券上場廃止基準に定める要件に抵触するものでありました。」
「すごいな、こんな会社が上場していたのか」「開き直り方が半端ないな」「ミレニアムアソシエイツグループがITM証券を通じてIPOさせた」「AIJ投資顧問もミレニアムアソシエイツグループの一社」
同じ上場詐欺でも格が違うとはこのことです。
トコトンまで不正をやり抜く方が逆に潔さを感じさせるのはどういった心理が働く現象なのでしょうか。
その一方で上場廃止のお知らせという一世一代のプレスリリースを誤字のままで流してしまうオチャメな一面も見せてくれました。
整理銘柄指定期間、平成24年222日(水)から平成24年3年22日(木)まで。

上場廃止のクラウドゲート(旧 テラネッツ)「上場後一度も正しい財務諸表を開示しておらず、2期連続債務超過で上場廃止基準に抵触していました」


サマンサタバサ「代表者寺田和正の報道に重大な関心をもっておりましたが、円満に解決いたしましたのでお知らせいたします」

「先般、一部のマスコミにおいて、当社代表者寺田和正に関する記事が掲載されました。上記記事は、寺田個人に関する記事であり、当社として特に対応すべきものと考えておりません。しかし、当社代表者個人の報道であり、当社としても重大な関心をもっておりましたが、昨日寺田個人の代理人として弁護士も選任され、同弁護士が掲載記事の相手方代理人弁護士と面会して話し合い、円満に解決いたしましたのでお知らせいたします。
鈴木福クン似の寺田社長が別荘泊り込み餅つき大会で姉妹ドンブリ乱○で訴えられたという通称オ○○コサワタ事件疑惑。
ワイドショーをはじめ主要マスメディアが完全スルー。
でも、なぜか激しく売られる株価
疑惑についてなぜかサマンサタバサも完全スルー。
でも、さらに激しく売られる株価。
そんな中突如発表されたのが冒頭のお知らせ。
事実無根なら和解なんて必要ないし名誉毀損で逆に訴えればいいのにこれである。
疑惑発覚後ずっとスルーしてきたのに円マンに解決した途端にこれである。
要するにオ○○○サワタミトメテッドでサツタババササッである。
第二のグットウィル最有力候補。

鈴木福クン似のサマンサタバサ寺田社長にオ○○○サワサ疑惑で株価もソワソワ

オ○○○サワタオワテッド疑惑を主要メディア総スルーのなか、サマンサタバサがウラヤマシカラン売りで株価底割れ


サマンサタバサ「代表者寺田和正の報道に重大な関心をもっておりましたが、円満に解決いたしましたのでお知らせいたします」


サマンサタバサのオ○○○サワタミトメテッド事件の本質は、真剣に餅をついてる人間への侮辱である


山水電気「株主総会を開くお金がない状況です」

「現時点に至るまで資金調達の目処が立っておらず、定時株主総会の招集及び開催に要する費用が工面できない状況であり、また、株主総会付議議案に関する取締役会を開催しておらず、付議議案の検討及び決定がなされていない状況です。」
数々のアンプの名機を送り出した東証1部上場
山水電気が株主総会を開くお金がないことを発表。
さすがクソ株界の名門中の名門山水電気です。
株主総会の費用が工面できないなんて聞いたことありません。
もはや切手代や印刷代すら出せない窮状と従業員は5人なのに株主が4万人という絶望的なアンバランス。
不憫に思った投資家からは「どっかの公園でやれよw」「荒川河川敷あたりにみんなで酒とつまみ持って集合でいいじゃない」「総会をニコ生中継してむしろ放映料もらえばいいじゃん」「
株主にはメールアドレスの通知を義務付けて案内はメールで」「時々ユーザーの声を読み上げればさらに盛り上がるぞ」というアイデアが次々とあげられました。
こんな危篤状態の会社がいまだに上場していたことが驚きでしたが、森繁久彌が逝ったときに近い感慨を抱かせて民事再生の申立により5月2日に上場廃止が決定。
株主総会も開けなかった山水電気がこれから弁護士費用と債権者集会を開くお金をどう捻出するのか心配です。


株主4万人従業員5人の山水電気が定時株主総会を開くお金がないことを発表


東京ドーム「株主優待の巨人戦指定席は本人確認を行います」

株主優待で得られる巨人戦の指定席チケットを空売りでリスクなしに得るつもりが、超絶逆日歩により最大36万円も損してチケットをゲットする投資家が続出した東京ドーム株。
しかし悲劇はこれだけでは終わりませんでした。
「株主優待取扱窓口に来られた株主様について、『野球株主証』と公的機関が発行する証明書(運転免許証、健康保険証、パスポート)の提示により、確認を行います。」
なんと東京ドームが株主優待の本人確認を実施。つまり実質転売禁止を発表したことになります。まるでドーム内にスケベ優待狙いの投資家を集めてバルサンをたくような優待改悪の追い打ち。これにより、転売の道すら絶たれた転売厨が完全憤死。
優待クロス取引史上最悪の事態を招くことに。

「権利取り日前に言えよ」「おまえら踏んだり蹴ったりでワロタ」「無理やり巨人ファンになって行きまくるしかない」「お前ら落ち着け、運転免許証をセットで売れば良いんだよ」と、メシウマな展開に怒号が飛び交いました。
東京ドームでなぜか不機嫌そうに試合を観戦する人がいた時はぜひこの一言を。
「ナイスチャレンジ」

東京ドームで特大被弾、巨人戦指定席のタダ取りがMAX36万円の高級観戦に


東京ドーム株主優待で第二の悲劇、巨人戦指定席が本人確認必要で転売不可に